読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Ver2】削除対象の推測2に関する考察[1]

はじめに

次の記事の『はじめに』の欄をお読みください。
max-eipi.hatenablog.com

『削除対象の推測2』とは、次の推測を指します。

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満である かつ ランクがSSSではない」ならば
Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる(仮)」

以上を踏まえてご覧ください。

概要

  1. 問題提示
  2. 推測
  3. まとめ

問題提示

 削除対象の推測2に従うのであれば、次の事例におけるレート変動は以下のようになるはずです。

【事例】

  1. Recent枠を確保するために大きいレート値で10曲プレイする
  2. 以降はSSSを取らずに、かつ前の曲のレート値を超えないようにプレイする
  3. このようにプレイした場合、31回目からレートが下がり始めるはずである

しかし、いくつかの検証によってそれは覆されることになりました。

【検証1】


【検証2】(ここをクリックして展開)

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
1 SS 14.317 13.45 -
2 SS 14.257 13.54 +0.09
3 SS 14.124 13.61 +0.07
4 SS 14.166 13.69 +0.08
5 S 13.657 13.75 +0.06
6 SS 14.157 13.83 +0.08
7 SS 14.198 13.90 +0.07
8 SS 14.054 13.98 +0.08
9 SS 14.053 14.06 +0.08
10 SS 14.265 14.41 +0.35
11 SS 12.564 14.41 0
12 SS 12.498 14.41 0
13 SS 12.446 14.41 0
14-38 SS/S [12.356,11.115] 14.41 0 *1
39 S 11.079 14.35 -0.06

【検証2 続き】(ここをクリックして展開)

検証時のBest値は14.519です。
レート値は小数第四位を切り捨てしています。

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
40 SS 12.442 14.37 +0.02
41-44 SS [12.357,12.014] 14.37 0
45 S 11.897 14.31 -0.06
46 SSS 14.700 14.32 +0.01
47 SS 14.116 14.33 +0.01
48 S 12.017 14.34 +0.01
49-54 S [11.645,11.203] 14.34 0
55 S 11.044 14.28 -0.06
56 S 13.995 14.33 +0.05
57 S 14.003 14.38 +0.05
58 S 13.905 14.42 +0.04
59 S 13.965 14.42 0
60 S 14.092 14.42 0
70 S 13.570 14.41 -0.01
71 S 13.642 14.40 -0.01
72 S 13.857 14.40 0
73 S 13.736 14.40 0
74 S 13.888 14.41 +0.01
75 S 13.954 14.41 0

推測

 これらの検証によって、削除対象の推測2は有力でないことがあらわになりました。
 Recent枠検証を始めだした頃にも、同じようにレートがなかなか下がらない現象が起きたことを確認してはいました。
 恐らく、何か<<基準となる値>>が存在していて、その値を下回ると最古のレート値が削除されているのではないかと推測しております。

 また、【検証2 続き】の40回目にレートが上がっていることから、40回目のレート値がRecent枠にランクインしたことを示しています。
 それは同時に、39回目のプレイでRecent枠に入ったレート値が40回目のレート値を下回ることも表しています。
 即ち、39回目のプレイにおいて11回目、12回目、13回目のレート値がRecent候補枠に存在していないことがわかります。

 他にも、39回目のプレイでレートが下がったことから、39回目で削除されたレート値は1回目のものであると予想でき、2回目のレート値が39回目のレート更新後の最古のレート値になっていると推測できます。
 その後、41回目から44回目までレートが下がらずに維持され、45回目でレートが下がったことから、<<基準となる値>>以上であれば最新のレート値は追加されずに削除され、下回れば最古のレート値が削除されるのではないかと推測しました。

 しかし、Recent枠内の代表値とプレイレート値を比較してみても納得のいく手がかりを見つけることは現段階ではできませんでした。
 しばらくは<<基準となる値>>を解明する手がかりを見つけることに注力する所存です。

まとめ

  • 現状の削除対象の推測2が有力でないことが示された
  • <<基準となる値>>なるものが存在すると推測された
  • <<基準となる値>>という表記を用いて、削除対象の推測2が次のように変わるのではないかと推測した

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満である かつ ランクがSSSではない」ことが前提

  • 「<<基準となる値>>以上である」ならば「最新のレート値が削除対象となる」
  • 「<<基準となる値>>未満である」ならば「最古のレート値が削除対象となる」

*1:前のレート値を越さないようにしています

【Ver2】削除対象の推測1に至った経緯[1]

CHUNITHM

はじめに

次の記事の『はじめに』の欄をお読みください。
max-eipi.hatenablog.com

『削除対象の推測1』とは、次の推測を指します。

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値以上である」ならば
最新のレート値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる」

以上を踏まえてご覧ください。

概要

  1. 動機
  2. 検証方法
  3. 具体的な検証方法
  4. 推測
  5. まとめ

動機

 以前の推測を投稿した後、ある方から問題があるとご教示くださいました。
 要点をまとめると、「その推測によると、Aが削除されることになるが、レートの変動を見ると、Bが削除されているように見える」とのことでした。
 その後、その方から修正案を頂いたので、この検証に取り組みました。

検証方法

  1. 次の曲のレート値が前の曲のレート値を越さないように10曲プレイする。
  2. 20曲以上を0で埋め、Recent候補枠に手順1で取った以外のレート値が残らないようにする。
  3. Recent枠の最大値より大きいレート値で10曲プレイする。

具体的な検証方法

次のようにプレイしました。
この時点でのBest値は14.519です。
※レート値は小数第四位を切り捨てています。

[その1](ここをクリック)

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
1 SS 13.426 14.50 -
2 SS 13.197 14.50 0
3 S 12.549 14.50 0
4 S 12.115 14.50 0
5 S 11.823 14.50 0
6 S 11.059 14.50 0
7 S 9.634 14.50 0
8 S 9.142 14.50 0
9 S 8.667 14.50 0
10 S 8.064 14.50 0
11-16 D 0 14.50 0
17 D 0 14.49 -0.01
18 D 0 14.47 -0.02
19 D 0 14.45 -0.02
20 D 0 14.41 -0.04
21 D 0 14.35 -0.06
22 D 0 14.30 -0.05
23-25 D 0 14.30 0
26 D 0 14.20 -0.10
27 D 0 14.09 -0.11
28 D 0 13.95 -0.14
29 D 0 13.81 -0.14
30 D 0 13.67 -0.14
31 D 0 13.31 -0.36
32 SS 14.521 13.32 -0.01
33 SSS 14.700 13.37 +0.05
34 SSS 14.700 13.44 +0.07
35 SSS 14.700 13.51 +0.07
36 SSS 14.700 13.60 +0.09
37 SSS 14.700 13.73 +0.13
38 SSS 14.700 13.87 +0.14
39 SSS 14.700 14.02 +0.15
40 SS 14.575 14.18 +0.16
41 SSS 14.700 14.55 +0.37

[その2](ここをクリック)

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
1 S 11.202 14.25 -
2 S 11.185 14.19 -0.06
3 S 11.186 14.19 0
4 S 11.149 14.14 -0.05
5 S 11.136 14.09 -0.05
6 S 11.118 14.05 -0.04
7 S 11.092 14.02 -0.03
8 S 11.083 13.99 -0.03
9 S 11.062 13.96 -0.03
10 S 11.028 13.92 -0.04
11 D 0 13.89 -0.03
12 D 0 13.86 -0.03
13 D 0 13.85 -0.01
14 D 0 13.84 -0.01
15 D 0 13.83 -0.01
16 D 0 13.82 -0.01
17 D 0 13.82 0
18 D 0 13.81 -0.01
19 D 0 13.80 -0.01
20 D 0 13.79 -0.01
21 D 0 13.78 -0.01
22 D 0 13.77 -0.01
23 D 0 13.75 -0.02
24 D 0 13.74 -0.01
25 D 0 13.73 -0.01
26 D 0 13.71 -0.02
27 D 0 13.70 -0.01
28 D 0 13.69 -0.01
29 D 0 13.68 -0.01
30 D 0 13.68 0
31 D 0 13.67 -0.01
32 D 0 13.38 -0.29
33 SS 14.317 13.46 +0.08
34 SS 14.257 13.54 +0.08
35 SS 14.124 13.61 +0.07
36 SS 14.166 13.69 +0.08
37 S 13.657 13.75 +0.06
38 SS 14.157 13.83 +0.08
39 SS 14.198 13.90 +0.07
40 SS 14.054 13.98 +0.08
41 SS 14.056 14.06 +0.08
42 SS 14.265 14.41 +0.35

推測

 [その1]の手順3のレート変動において、増加幅が大きくなりつつあります。このことから、以前の「Recent枠の最小値以下が削除対象になる」という推測は成り立たないと考えられます(以前の推測通りであれば、増加幅は小さくなるはずです)。
 また、[その1][その2]共に一番最後で大幅に上昇しているところがありますが、ここでRecent枠の0が上塗りされていることが容易に想像できます。
 「レート上昇数が増えている」⇔「追加されたレート値と削除されたレート値の幅が増えている」ことであり、上述のように、一番最後に0が存在していると推測できることから、「Recent枠の最小値以下が削除対象になる」のではなく、「最新のレート値以下が削除対象になる」と予想されました。

まとめ

  • 以前の推測に問題点があることがわかり、その修正案に関する検証を行った
  • 「Recent枠の最小値以下が削除対象になる」のではなく、「最新のレート値以下が削除対象になる」ことの方が有力だと結論づけた
  • 新しく立てた推測を次のように表現することにした

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値以上である」ならば
最新のレート値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる」



おまけ
 [その2]をよく見てもらうとわかるのですが、Recent枠に0がランクインするのに22曲要しているのがわかります。
 この結果は『削除対象の推測2』に関わるのですが、いかんせんデータが不足していることもあり、どのように推測を立てれば良いか、また、どのように検証すれば良いのか見当がつかない状態にあります。
 この記事を読んでくださった方で、協力してくださる方がいらっしゃいましたら、TOPページの『情報提供』をお読みいただければ幸いです。
 

【Ver2】Recent枠遷移の推測

CHUNITHM

はじめに

このブログは、チュウニズムのRecent枠のレート算出に関する考察まとめです。
チュウニズムの単曲レート算出方法、Best枠のレート算出方法、譜面定数などは、下記サイトを御覧ください。

[レート算出方法]
www.atomic--age.net

[譜面定数一覧]
d.hatena.ne.jp

また、この記事は過去の推測記事から続いております。恐縮ですが、そちらの方も御覧いただけると理解が進むと思われます。
max-eipi.hatenablog.com

前述

推測[1]の記事では、Recent候補枠に『更新方法の推測』と『選択対象の推測』があると推測しました。各推測は、次のようなものです。

[更新方法の推測]

  1. Recent候補枠にプレイした楽曲のレート値が追加される。
  2. Recent候補枠から、ランクやレート値などの要因によって、削除対象が選択される。
  3. 削除対象となった曲が、Recent候補枠から削除される。
  4. Recent候補枠上位10曲が新しいRecent枠になる。

[選択対象の推測]

  1. レート値が更新前のRecent枠の最小値以上であるとき
    Recent枠の最小値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる
  2. 1に当てはまらず、ランクもSSSに満たないとき
    Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる
  3. 1には当てはまらないが、ランクがSSSであったとき
    Recent候補枠のレート値(追加されたレート値) が削除対象となる

『選択対象の推測』の、各推測における経緯や検証は次の記事にそれぞれまとめてあります。

[記事まとめ]

推測

 以前の記事から得られた見解のもと、新たに推測を立て直しました。
 経緯は前回と同じように別の記事にしてまとめます。

[削除対象の推測]

  1. レート値が更新前のRecent枠の最小値以上であるとき
    最新レート値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値が削除対象となる
  2. 1に当てはまらず、ランクもSSSに満たないとき
    Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる(仮)
  3. 1には当てはまらないが、ランクがSSSであったとき
    Recent候補枠のレート値(追加されたレート値) が削除対象となる

 以前との変更点を赤字にしてあります。
 『選択対象の推測』が直感的にわかりづらいと思い、今後は『削除対象の推測』とします。
 推測2が仮としてあるのは、「何か別の方式が取られていると思われるのだが、それが何か推測がつかないから、今の推測で保留にしておこう」という考えです。何か有力な仮説が立てられたら更新します。

(追記 2016/6/7)
削除対象の推測1において、境界条件を見なおす必要があることがわかりました。また、今までの推測からは想定できない変動を見たため、しばらくは記事の更新を休め、少しばかりデータを集めることに注力したいと考えております。

経緯

  1. 削除対象の推測1を更新するに至った経緯 max-eipi.hatenablog.com

情報提供

【連絡先(ツイッター)】
@

【プレイ履歴(随時更新)】
ダウンロード

【プレイデータの収集にご協力お願い申しあげます】
 小生も日ごろ実証に努めておりますが、一人の力では限界があります。
 そのため、多くの方のプレイ履歴を参考にしたいと考えております。
 連絡手段は問いません。このブログのコメントでも良いですし、ツイッターからDMを送っていただいても差支えありません。
 提供してくださる場合は、次のデータ形式でまとめてくださると幸いです。

譜面定数 スコア 更新後のBest枠レート 更新前の表示レート 更新後の表示レート

【Ver1】削除対象(選択対象)の推測2に至った経緯[1]

CHUNITHM

ご注意

この記事は、次の記事の『選択対象の推測2』に至った経緯を詳細にまとめた記事です。
max-eipi.hatenablog.com

また、『選択対象の推測2』とは、次の推測を指します。

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満である かつ ランクがSSSではない」ならば
Recent候補枠最古のレート値が削除対象となる」

以上を踏まえてご覧ください。

概要

  1. 動機
  2. 検証方法
  3. 具体的な検証方法
  4. 推測
  5. まとめ

動機

 (選択対象の推測1 または 選択対象の推測2) の余事象として残ったものであり、これを続けるとどのように変動するのか疑問を抱いたことが今回の検証を行った動機です。

検証方法

  • レートを大、小の二つ用意し、大で10曲プレイする。
  • 以降SSSをとらないように小を取り続ける。

具体的な検証方法

各検証のプレイ履歴表を載せます。
レート値は小数第四位を切り捨てしています。

【その1】
当時のBest値 : 14.514

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
1 S 14.476 14.24 -
2 S 14.633 14.30 +0.07
3 S 14.433 14.34 +0.04
4 S 14.455 14.39 +0.05
5 S 14.717 14.44 +0.05
6 S 14.639 14.44 0
7 S 14.519 14.45 +0.01
8 S 14.626 14.45 0
9 S 14.442 14.49 +0.04
10 S 14.462 14.52 +0.03
11-17 D 0 14.52 0
18 C 0.842 14.52 0
19-30 D 0 14.52 0
31 D 0 14.17 -0.35
32 D 0 13.80 -0.37

【その2】
当時のBest値 : 14.519
レート値列の[A,B]は、レート値が A≧(レート値)≧B であることを表します。

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
1 SS 14.521 13.32 -
2 SSS 14.700 13.37 +0.05
3 SSS 14.700 13.44 +0.07
4 SSS 14.700 13.51 +0.07
5 SSS 14.700 13.60 +0.09
6 SSS 14.700 13.73 +0.13
7 SSS 14.700 13.87 +0.14
8 SSS 14.700 14.02 +0.15
9 SS 14.575 14.18 +0.16
10 SSS 14.700 14.55 +0.37
11-19 SS/S [14.171,12.886] 14.55 0
20 SSS 13.000 14.55 0
21-31 S [12.130,11.703] 14.55 0
32 S 11.686 14.54 -0.01

【その2 続き】

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
33 S 11.668 14.52 -0.02
34 S 11.649 14.49 -0.03
35 S 11.629 14.46 -0.03
36 S 11.609 14.46 0
37 S 11.577 14.42 -0.04
38 S 11.558 14.42 0
39 S 11.543 14.42 0
40 S 11.509 14.42 0

推測

 【その1】は1回目から10回目がRecent枠になっていることが容易に想像できます。そこからランクインしないように20回プレイし、31回目でレートが下がりました。
 さらに、【その2】に関しては、20回目にSSSを取ってしまうアクシデントを起こしましたが、『選択対象の推測3』が強引に真だとすると、32回目が実質31回目に相当します(強引ですが)。

 このことから、ランクインしない かつ SSSを取らないのであれば、古いレート値が削除され、新しいレート値が追加されているのではないかと推測しました。

 しかし、【その2 続き】を見る限り、そうでもないことがわかります。
 33回目以降も、ランクインしないようにしたのですが、38、39、40回目でレートが下がっておりません。(『選択対象の推測3』が真で)推測通りであれば、7、8、9回目のレート値が削除されるはずです。
 『選択対象の推測3』が間違いであるにしても、たかだか1曲SSS取っただけで、それが3曲連続でレートが下がらなかった要因になるとは考えにくいです。

 このことから、下がり始めるまではキュー方式(古いもの削除、新しいもの追加)で、下がり始めるとまた別の方式が取られているのではないかとも推測できました。
 しかし、その「別の方式」に関する有力な推測が立てられなかったため、その部分の追究は別の記事に回すつもりです。
 有力な推測が立てられるまでは、キュー方式が取られているものとします。

まとめ

  • Recent枠にランクインしない、かつSSSを取らないようにしてプレイを進めると、古いレート値が削除され、新しいレート値が追加されると推測した
  • この、「古いレート値が削除され、新しいレート値が追加される」方式をキュー方式と呼ぶことにする
  • 一方で、別の方式が取られている可能性も見受けられたが、区切りを打つため追究をお預けにすることにした
  • キュー方式における推測を次のように表現することにした

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満である かつ ランクがSSSではない」ならば
Recent候補枠最古のレート値が削除対象となる」


内容に不備・疑問がございましたら、ご指摘の程お願い申し上げます。
「自分もこういう見解を持っているんだけど・・・」という方も、是非コメントで共有してくださればと存じます。
「間違っているかもしれないけれど・・・」と臆することや、間違うことに恥じることはありません。
今、私がほしいのは、少しでも多くの可能性なのです。
些細な事でも構いませんので、ご助言いただけると幸いです。

【Ver1】削除対象(選択対象)の推測3に至った経緯[1]

CHUNITHM

ご注意

この記事は、次の記事の『選択対象の推測3』に至った経緯を詳細にまとめた記事です。
max-eipi.hatenablog.com

また、『選択対象の推測3』とは、次の推測を指します。

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満 かつ ランクがSSSである」ならば
最新のレート値が削除対象となる」

以上を踏まえてご覧ください。

概要

  1. 動機
  2. 検証方法
  3. 具体的な検証方法
  4. 推測
  5. まとめ

動機

 SSSを取り続ける限り、レートは下がらないことがすでに確認されておりますが、SSSを取り続けている際にRecent候補枠は変化しているのか疑問を抱いたのが、今回の検証を行った動機です。

検証方法

  1. レートを大、中、小の三つを用意し、大で10曲プレイする
  2. 以降30曲以上をSSSの中でプレイする
  3. SSSをとらないように小を取り続ける

具体的な検証方法

次のようにプレイしました(少々長いので、一部簡略して表を折りたたんでおります)。
この時点でのBest値は14.502です。
※レート値は小数第四位を切り捨てています。

[前準備]

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変化
(-19)-(-2) S [12.403,12.170] 14.00 - MAX:12.403, MIN:12.170 表示レートの変動は省略
-1 SS 14.259 14.03 +0.03
0 SS 14.283 14.06 +0.03

[検証開始]

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変化
1 SS 14.294 14.11 +0.05
2 SSS 14.800 14.17 +0.06
3 SS 14.474 14.22 +0.05
4 SS 14.707 14.28 +0.06
5 SSS 14.800 14.34 +0.06
6 SS 14.732 14.40 +0.06
7 SSS 14.800 14.46 +0.06
8 SS 14.683 14.51 +0.05
9 SS 14.572 14.52 +0.01
10 SSS 14.800 14.54 +0.02
11-40 SSS 13.000 14.54 0
41-60 S [12.333,11887] 14.54 0 MAX:12.333, MIN:11.887
61 S 12.162 14.49 -0.05
62 S 12.180 14.42 -0.07
63 S 12.164 14.37 -0.05
64 S 12.252 14.37 0
65 S 12.284 14.37 0
66 S 12.249 14.31 -0.06
67 S 12.288 14.31 0
68 S 12.164 14.24 -0.07
69 S 12.189 14.18 -0.06
70 S 12.135 14.12 -0.06
71 S 12.242 14.12 0
72 S 12.251 14.12 0
73 S 11.959 14.06 -0.06
74 S 12.130 14.00 -0.06
75 S 12.201 13.93 -0.07


推測

 Recent枠にランクインしないレート値でも、SSSを取り続ける限り表示レートが下がらないことから、Recent枠に変化がないことはほぼ間違いないと思われます。
 これは、SSSを取り続けている限り、Recent枠に含まれるデータがRecent候補枠から外されることがないことを表します。
 一方で、Recent枠に含まれていないデータが変化している可能性があり、その変化の候補として自分が挙げることができたのは、次の4つでした。

  1. Recent候補枠内の、最新のレート値以下で一番古いレート値が削除対象となる
  2. Recent候補枠内の、Recent枠最小レート値以下で一番古いレート値が削除対象となる
  3. Recent候補枠内で最小レートの値が削除対象となる
  4. そもそも追加されない(最新のレート値が削除対象となる)

 前提として、10回目のプレイで、Recent枠内は1回目から10回目のレート値で埋まっていることは容易に推測できます。
そこから、各候補を仮定としたときの結論を導いていきます。

1.Recent枠候補内の、最新のレート値以下で一番古いレート値が削除対象となる

 具体例として、11回目、12回目、13回目のプレイでそれぞれ(-19)回目、(-18)回目、(-17)回目のレート値が削除されます。
 11回目から28回目まで同様に削除され、以降40回目までは見た目上のRecent候補枠の変化はありません。

[28回目におけるRecent候補枠](折りたたんであります)

ID レート
-1 14.259
0 14.283
1 14.294
2 14.800
3 14.474
4 14.707
5 14.800
6 14.732
7 14.800
8 14.683
9 14.572
10 14.800
11-28 13.000

 この状態で41回目以降を進めていくと、41回目、42回目、43回目でそれぞれ(-1)回目、0回目、1回目のレート値が削除されます(*)(正確にはそうなると推測されます)。
すなわち、43回目からRecent枠に入っていたレート値が外されるため、レートが下がり始めるはずです。
 しかし、60回までレートが下がることがなかったため、これは矛盾です。
 この場合、矛盾の原因として挙げられるのは、

  1. そもそも仮定が間違っている
  2. 仮定は合っているが、(*)の推測が間違っている

のどちらかになります。
この仮定において追究すべきは第2項目であるため、通常時のプレイにおけるRecent候補枠遷移について調査する必要があります。

2.Recent候補枠内の、Recent枠最小レート値以下で一番古いレート値が削除対象となる

 11回目、12回目、13回目に(-19)回目、(-18)回目、(-17)回目のレート値が削除される流れは仮定1と同様ですが、28回目より後が変化します。
 29回目、30回目でそれぞれ(-1)回目、0回目のレート値が削除され、それ以降見た目上のRecent候補枠の変化はありません。

[30回目におけるRecent候補枠](折りたたんであります)

ID レート
1 14.294
2 14.800
3 14.474
4 14.707
5 14.800
6 14.732
7 14.800
8 14.683
9 14.572
10 14.800
11-30 13.000

 以降は、43回目ではなく41回目からRecent枠に入っていたレート値が外されることが違うだけで、仮定1と同じ結論に至ります。

3.Recent候補枠内で最小レートの値が削除対象となる

 削除される順序はバラバラですが、28回目のプレイで仮定1と同じになるため、結論も仮定1と同様になります。

4.そもそも追加されない(最新のレート値が削除対象となる)

 11回目から40回目のレート値が削除されていることになります。
 「SSSなんてなかった」ということになりますので、41回目のプレイが実質11回目のプレイになります。そのまま数えると、61回目のプレイが実質31回目のプレイに相当します。
 41回目以降のプレイにおけるRecent候補枠の遷移がキュー方式(一番新しいものが追加され、一番古いものが削除される)であるならば、丁度61回目に1回目のレート値が削除されます。
 さらに、それ以降のプレイでレートが下がり続ける傾向を見せたことから、やはり61回目のプレイで1回目のレート値が削除されている可能性が強くなってきました。
 よって、41回目以降のプレイにおけるRecent候補枠の遷移がキュー方式であるならば、この推測はかなり有力なものになると考えらます。

まとめ

  • Recent枠にランクインしないレート値でSSSを取り続けた場合、Recent候補枠に追加されないという推測が一番有力であった
  • 41回目以降のプレイにおけるRecent候補枠の遷移方式がこの推測を裏付けることの決め手となる
  • この推測を『選択対象の推測3』とし、次のように表現することにした

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満 かつ ランクがSSSである」ならば
最新のレート値が削除対象となる」


内容に不備・疑問がございましたら、ご指摘の程お願い申し上げます。
このブログの記事に対して貴重なコメントを頂いたとき、私のような小生が書いた記事を読んでくださる方がいることにとても感動いたしました。
些細な事でも構いませんので、ご助言いただけると幸いです。

【Ver1】削除対象(選択対象)の推測1に至った経緯[1]

CHUNITHM

ご注意

この記事は、次の記事の『選択対象の推測1』に至った経緯を詳細にまとめた記事です。
max-eipi.hatenablog.com

また、『選択対象の推測1』とは、次の推測を指します。

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値以上である」ならば
Recent枠の最小値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる」

以上を踏まえてご覧ください。

概要

  1. 動機
  2. 検証方法
  3. 具体的な検証方法
  4. 推測
  5. まとめ

動機

 Recent枠にランクインすれば、レートが上がるのは当然ですが、それと入れ替わりに大きいレート値がRecent候補枠から削除されてしまっては、結果としてマイナスとなってしまいます。
 そこで、ランクインした際にレートが下がることがあるのか疑問を抱いたことが、今回の検証を行った動機です。

検証方法

  1. レート値を大、中、小の三つを用意し「大大大小大大大大大」の順にプレイする。
  2. 以降21曲以上を0で埋め、Recent候補枠が「大大大小大大大大大00000...」となるようにする。
  3. SSSにならないように中を3曲を取り、その後数曲を0で埋める(「大大大小大大大大大000...000中中中」になる)。

具体的な検証方法

次のようにプレイしました。
この時点でのBest値は14.519です。
※レート値は小数第四位を切り捨てています。

プレイ回数 ランク レート値 表示レート
1 SS 14.288 14.35
2 SSS 14.800 14.38
3 SSS 14.700 14.41
4 AAA 9.697 14.41
5 SSS 14.700 14.44
6 SSS 14.700 14.47
7 SSS 14.800 14.49
8 SSS 14.800 14.52
9 SS 14.680 14.54
10-16 D 0 14.54
17 D 0 14.53 ※1
18 D 0 14.51
19-28 D 0 14.51
29 D 0 14.41
30 D 0 14.06
31-33 D 0 14.06
34 S 12.353 14.13
35 S 12.320 14.44
36 SS 13.546 14.47
37 D 0 14.42
38 D 0 14.05
39-50 D 0 14.05

※1…17回目に14.54から14.53に下がっていますが、記録するのを忘れていたため、実際に下がったのは17回目ではないかもしれません。しかし、このリストより前のデータであるので、今回の検証には影響がないと推測されます。

推測

 31回目以降、0を取り続けてもレートが下がらないのは、30回目でRecent枠に0が入ったためだと推測されます。
 この事象は、この検証を行う前から何度か確認できていますが、これだと「Recent枠に0が存在する場合、以降0を取ったとしてもRecent候補枠の更新をしない」という分岐処理を実装している可能性があります。
 それがないことを検証したはずなのですが、ログを見直しても、どれがそこに当てはまるのか、自分が見てもよくわからなかったため、改めて検証しなおします。


34、35、36回目のプレイでそれぞれレートが上がっていることからリスト上部のデータが削除されていないことがわかります。
このことから、ランクインすればレートは下がらないことが容易に推測できると思われます。
また、ランクインした際に削除される楽曲として真っ先に思い浮かんだのが、次の3つでした。

  1. Recent枠内の最小値に等しい レート値の内、Recent候補枠で一番古いもの
  2. Recent枠内の最小値以下である レート値の内、Recent候補枠で一番古いもの
  3. Recent候補枠内の最小値に等しい レート値の内、Recent候補枠で一番古いもの

1が正しいとした場合、
34、35、36回目のプレイでそれぞれ、13、435回目のレート値が削除対象となるはずであり、その際、37回目以降の変化は

ID 37回目
1 14.800
2 14.700
3 14.700
4 14.700
5 14.800
6 14.800
7 14.680
8 12.353
9 13.546
10 0

になり、2が正しいとした場合、
34、35、36回目のプレイでそれぞれ、13、4、14回目のレート値が削除対象となるはずであり、その際、37回目以降の変化は

ID 37回目 38回目
1 14.800 14.700
2 14.700 14.700
3 14.700 14.700
4 14.700 14.800
5 14.800 14.800
6 14.800 14.680
7 14.680 12.353
8 12.353 12.320
9 12.320 13.546
10 13.546 0

となり、最後に、3が正しいとした場合、
34、35、36回目のプレイでそれぞれ13、14、15回目のレート値が削除対象になるはずであり、その際、37回目以降の変化は

ID 37回目 38回目 39回目
1 14.800 14.700 9.697
2 14.700 9.697 14.700
3 14.700 14.700 14.700
4 14.700 14.700 14.800
5 14.800 14.800 14.800
6 14.800 14.800 14.680
7 14.680 14.680 12.353
8 12.353 12.353 12.320
9 12.320 12.320 13.546
10 13.546 13.546 0

となるはずです。

それぞれの推測における違いは、「レートが下がる回数」になります。
推測1は1回、推測2は2回、推測3は3回レートが下がります。
今回の検証では、下がった回数が2回でしたので、推測2が一番有力であると結論づけました。

まとめ

・Recent枠にランクインする限り、レートは下がらないことが推測された
・Recent枠にランクインする際、Recent枠内の最小値以下の内、一番古いレート値が削除対象になることが推測された
・この推測を『選択対象の推測1』とし、次のように表現することにした

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値以上である」ならば
Recent枠の最小値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる」


内容に不備・疑問がございましたら、ご指摘の程お願い申し上げます。
少しでも早く解明するために、他の方の見解がどうしても必要になります。
些細な事でも構いませんので、ご助言いただけると幸いです。

【Ver1】Recent枠遷移の推測

CHUNITHM

はじめに

このブログは、チュウニズムのRecent枠に関する考察まとめです。

チュウニズムのレート算出方法や譜面定数などは、次のサイトをご覧ください。

  • レート算出方法

www.atomic--age.net

  • 譜面定数一覧

d.hatena.ne.jp

 

推測(導き出した経緯は後述)

[定義]

・基本的な用語は上に貼ったリンクを参考にします。

・Recent枠を決定するための候補曲(30曲)を「Recent候補枠」とします。

 

一曲プレイした際のRecent枠の変動を次のように推測しました。

[更新方法の推測]

  1. Recent候補枠にプレイした楽曲のレート値が追加される。
  2. Recent候補枠から、ランクやレート値などの要因によって、削除対象が選択される。
  3. 削除対象となった曲が、Recent候補枠から削除される。
  4. Recent候補枠上位10曲が新しいRecent枠になる。

 

結局のところ『ランクやレート値などの要因』さえわかれば、Recent枠の決定方法がわかります。

この要因を、私のプレイ履歴を参照し、次の3つに分岐されると推測しました。

[選択対象の推測]

  1. レート値が更新前のRecent枠の最小値以上であるとき
    Recent枠の最小値以下 かつ Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる
  2. 1に当てはまらず、ランクもSSSに満たないとき
    Recent候補枠最古のレート値が削除対象となる
  3. 1には当てはまらないが、ランクがSSSであったとき
    Recent候補枠最新のレート値(追加されたレート値)が削除対象となる

 

(補足として、2は「古いものが削除される」、3は「追加されずに削除される」ことに同値であり、この記事を書く前から推測されていたことです。) 

経緯

更新方法の推測に関しては、ほぼ自明であると捉えているため、記述しません(というより自分の中で何故そうなったかまとめられなかった)。

ここでは選択対象の推測に至った詳細を記述します。

(追記)それぞの経緯を別の記事にまとめ、その記事のリンクを貼ります。

以上の3つの経緯によって、更新方法の推測と、選択対象の推測を立てました。

最後に

  • この推測によって、私がこれまでに立てた推測によるRecent値と、表示レートから逆算したRecent値との誤差が小さくなったのですが、依然として大きい誤差が残ったままです。
  • ログをExcelに書き出しているのですが、どうやって公開するか検討しています。。(何かアドバイスいただければ幸いです)
  • プレイ履歴を共有、あるいは提供してくださる方がいらっしゃれば凄く助かります。。もし、提供してくださるのであれば、一曲分のデータを次のようにまとめてくださると助かります。
    ・譜面定数
    ・スコア
    ・その時のBest枠レート
    ・プレイ前の表示レート
    ・プレイ後の表示レート

 

内容に疑問や不備等ありましたら、ご教示ください。