【Ver2】削除対象の推測2に関する考察[1]

はじめに

次の記事の『はじめに』の欄をお読みください。
max-eipi.hatenablog.com

『削除対象の推測2』とは、次の推測を指します。

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満である かつ ランクがSSSではない」ならば
Recent候補枠最古のレート値 が削除対象となる(仮)」

以上を踏まえてご覧ください。

概要

  1. 問題提示
  2. 推測
  3. まとめ

問題提示

 削除対象の推測2に従うのであれば、次の事例におけるレート変動は以下のようになるはずです。

【事例】

  1. Recent枠を確保するために大きいレート値で10曲プレイする
  2. 以降はSSSを取らずに、かつ前の曲のレート値を超えないようにプレイする
  3. このようにプレイした場合、31回目からレートが下がり始めるはずである

しかし、いくつかの検証によってそれは覆されることになりました。

【検証1】


【検証2】(ここをクリックして展開)

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
1 SS 14.317 13.45 -
2 SS 14.257 13.54 +0.09
3 SS 14.124 13.61 +0.07
4 SS 14.166 13.69 +0.08
5 S 13.657 13.75 +0.06
6 SS 14.157 13.83 +0.08
7 SS 14.198 13.90 +0.07
8 SS 14.054 13.98 +0.08
9 SS 14.053 14.06 +0.08
10 SS 14.265 14.41 +0.35
11 SS 12.564 14.41 0
12 SS 12.498 14.41 0
13 SS 12.446 14.41 0
14-38 SS/S [12.356,11.115] 14.41 0 *1
39 S 11.079 14.35 -0.06

【検証2 続き】(ここをクリックして展開)

検証時のBest値は14.519です。
レート値は小数第四位を切り捨てしています。

プレイ回数 ランク レート値 表示レート 変動
40 SS 12.442 14.37 +0.02
41-44 SS [12.357,12.014] 14.37 0
45 S 11.897 14.31 -0.06
46 SSS 14.700 14.32 +0.01
47 SS 14.116 14.33 +0.01
48 S 12.017 14.34 +0.01
49-54 S [11.645,11.203] 14.34 0
55 S 11.044 14.28 -0.06
56 S 13.995 14.33 +0.05
57 S 14.003 14.38 +0.05
58 S 13.905 14.42 +0.04
59 S 13.965 14.42 0
60 S 14.092 14.42 0
70 S 13.570 14.41 -0.01
71 S 13.642 14.40 -0.01
72 S 13.857 14.40 0
73 S 13.736 14.40 0
74 S 13.888 14.41 +0.01
75 S 13.954 14.41 0

推測

 これらの検証によって、削除対象の推測2は有力でないことがあらわになりました。
 Recent枠検証を始めだした頃にも、同じようにレートがなかなか下がらない現象が起きたことを確認してはいました。
 恐らく、何か<<基準となる値>>が存在していて、その値を下回ると最古のレート値が削除されているのではないかと推測しております。

 また、【検証2 続き】の40回目にレートが上がっていることから、40回目のレート値がRecent枠にランクインしたことを示しています。
 それは同時に、39回目のプレイでRecent枠に入ったレート値が40回目のレート値を下回ることも表しています。
 即ち、39回目のプレイにおいて11回目、12回目、13回目のレート値がRecent候補枠に存在していないことがわかります。

 他にも、39回目のプレイでレートが下がったことから、39回目で削除されたレート値は1回目のものであると予想でき、2回目のレート値が39回目のレート更新後の最古のレート値になっていると推測できます。
 その後、41回目から44回目までレートが下がらずに維持され、45回目でレートが下がったことから、<<基準となる値>>以上であれば最新のレート値は追加されずに削除され、下回れば最古のレート値が削除されるのではないかと推測しました。

 しかし、Recent枠内の代表値とプレイレート値を比較してみても納得のいく手がかりを見つけることは現段階ではできませんでした。
 しばらくは<<基準となる値>>を解明する手がかりを見つけることに注力する所存です。

まとめ

  • 現状の削除対象の推測2が有力でないことが示された
  • <<基準となる値>>なるものが存在すると推測された
  • <<基準となる値>>という表記を用いて、削除対象の推測2が次のように変わるのではないかと推測した

「最新のレート値が更新前のRecent枠の最小値未満である かつ ランクがSSSではない」ことが前提

  • 「<<基準となる値>>以上である」ならば「最新のレート値が削除対象となる」
  • 「<<基準となる値>>未満である」ならば「最古のレート値が削除対象となる」

*1:前のレート値を越さないようにしています